社長メッセージ

顔写真が入ります義農味噌株式会社は、昭和28年の創業より現在に至るまで「売る商品ではなく、自分が食べるものを創れ」という基本方針を貫いてきました。この方針は創業者である現会長の田中義一から受け継がれたものです。その魂はお客様に喜ばれ満足していただくという一点から発したものです。

義農の商品のこだわりは味と安全です。おいしさと安心は、人を幸せにします。心も体も健康にすることができるからです。愛媛の郷土の味である麦味噌を今後も次代へ引き継ぎ、食を通じて社会に貢献していきます。

また変化する市場・食文化・顧客のニーズに応えるべく、郷土料理の商品作りにも取り組んでいます。地元で愛され育まれてきた農産物を加工したドレッシングや・ぽん酢など新しい展開を始めました。消費者だけでなく、原料生産者に喜んでいただける取り組みで農業の活性化にもつなげていきます。

今後も「義農精神」を基本として皆様に愛され喜ばれる商品作りに徹してまいります。なお一層のご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 
田中 正志

社名の由来 Gino Spilits

今に受け継がれてきた“義農精神”

作兵衛翁

享保の大飢饉の際、翌年の収穫のために唯一の食糧の麦種を食べず、自らの命をもって地域に貢献した義農作兵衛翁に由来します。

ギノーみそはその魂、義農精神を今に受け継いでいます。

義農精神を受け継ぐギノーみそ




ロゴマーク

私たちの気持ちをカタチにしました・・!

ロゴマーク

ギノー味噌のロゴマークは、味噌にとって大切な酵母菌の成長、変化をイメージしています。

そして常に変化し、成長する「人や企業」の意識も形として表現しています。人も企業も常に自然、環境、そして社会の変化に伴いやさしく精神をメタモルフォーゼしていく。

これがギノー味噌の次代へのテーマです。